北陸の地で細々とアクアリウムに精を出しています
by guryou
カテゴリ
全体
生体
水草
60cmレイアウト
120cm水槽
海水水槽
旧90cm水槽
旧60cm水槽
30cm水槽
多目的OF
器具
ショップ
チンアナゴ水槽
自然
その他
水上
アフリカン
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
フォロー中のブログ
NA7_VoLTE
外部リンク
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
新商品なので一応見に行かないと
at 2017-02-28 23:52
薄赤く色づいたあいつは赤いまま
at 2017-02-26 10:27
カーペットパール 更に一週間経過
at 2017-02-19 23:37
水槽のふたをオーダーメイドし..
at 2017-02-14 23:13
120㎝はちょっと変更する予定
at 2017-02-12 12:43
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


年末にリセット まだ終わってません

レイアウト水槽がアオミドロにやられてしまいましたので、リセット中です。
ちなみに、2日前からやってますが、まだ終わってないです・・・








とりあえず全部取っ払って、掃除した後
e0219497_1953029.jpg

石は、置き場に困って適当に置いてあります。



適当に置いた1
e0219497_19591348.jpg




適当に置いた2
e0219497_2075452.jpg

だめだ決まらない・・・


石と化粧砂のイメージは固まっているので、石とソイルだけ敷きました。





中央を川が流れる感じにします。
e0219497_20142854.jpg

白いのは発泡スチロールです。
チャームとかで生体入ってた箱を切って使ってます。いいね再利用。

本当は石とか積みたいですが、お金がありません・・・



普通の人はレンガとか使っているようです。

だって、発泡スチロールは下手すると浮き上がるから・・・
だから、あんまりオススメもできません (><



このままではソイルと化粧砂が混じってしまうので、ウールで隙間を詰めますよ。
e0219497_2032490.jpg

真ん中?ちょっと量増しにね・・・
決して滝ではないですよ。発泡スチロールもウールも土台以外に使いません。






ソイル敷く前に
e0219497_20483532.jpg

バクター100。普段は使いません。
4年前ぐらいに買ったものが見つかったので久しぶりに使用してます。

使い方あってる?

バクテリアに関しては、フィルター内スポンジの絞り汁使うので実はいらないのか?
でも、ずっと使ってなかったしねぇ・・・





ソイル敷いて
e0219497_20533453.jpg






マルチボトム撒いて
e0219497_20581592.jpg

この後さらにイニシャルスティック撒きました。
Newアマゾニアは肥料分少なくて・・・。





Newアマゾニアの上にプラチナソイル敷きました。
黄ばみ予防として吸着系ソイルを表面に敷いています。
ただし、Newアマは黄ばみないので必要ないかもしれませんね・・・・(栄養もない)



ソイルしき終わったらこうなった。
e0219497_2111276.jpg

やっぱ発泡スチロール見えてるとおかしいw


とりあえずここまで。
実際にはもっと先まで進んでいるので、近いうちに記録としてアップします。



にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by guryou | 2011-12-31 21:27 | 旧90cm水槽
<< あけましておめでとうございます ガラスハゼ >>